facebook

WORKS 設計事例

カテゴリー:

パッシブデザイン戸建て住宅

光が丘の家

仕様

竣工年 2020年

●お施主さんより●

「ikeco VOL35」の取材記事にもお施主さんのお声を掲載しております。ぜひご覧ください。

単なる省エネ住宅でなく、パッシブデザイン(自然エネルギーと程よく向き合う設計)と、バウビオロギーな仕上(出来るだけ工業製品に頼らず土に還る材料=健康に良い)にしつつ、かつ予算内に収めたい希望を持っていました。太陽光を季節に応じて入れたり遮ったりする庇の出寸法設計、外壁や屋根の断熱材は木質やセルロースとして水蒸気の行き来(呼吸)する材料にした上で屋根は熱気抜きの設え、熱の出入りの大きい開口部も全体のコストバランスで高仕様と出来、防蟻処置をした基礎断熱と薬品を使わないホウ素での木材防蟻を含め自然と仲良く共存できる快適な家になりました。しかも健康的なもので回りを囲うことが出来ました。シンプルな設計(間仕切壁や扉を極力無くす)と規模を抑え、家族全員で木部の塗装をし愛着が湧くのとコスト抑制のWメリットなどもあり、予算内にもまとまりました。自然素材が多いですが、手入れの方も無理せず行いながら大事に住み続けたいと家族全員が思える家となりました。

 

●空設計工房からのコメント●

Mさま  レビューへご投稿いただき誠に感謝申し上げます。
たくさんのご要望をいただき、全てをを満足にとまではまいりませんでしたが、できる限りの実現に挑戦しました。竣工後ご自身で進められた外構やお庭が揃うと佇まいが格段に素敵度をあげています。お住まいへの情熱が半端ないことを物語っていますね。温熱環境についても色々と試されてご報告いただくのが有り難いです。末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。

ページトップへ