facebook

WORKS 設計事例

カテゴリー:

パッシブハウス戸建て住宅

熊本パッシブハウス

仕様

竣工年 2018年

ギャラリー

  • 2階建部分と平家部分が合わさった外観で、それぞれが西洋漆喰塗りと焼きスギ張の仕上です。 玄関ポートの上はベラダになっています。

  • 南側全長につくデッキ。両端には布団干しを兼ねる手すり付き。 アプローチ側には囲いを付けて視線をカット。 南側サッシには全てガラリ雨戸をつけています。庇で直射日光は防げますが外部よりの輻射熱をカットできて、夏場の日射遮蔽効果は大きい。

  • 天井:ヒノキ板張 壁:珪藻土塗り 床:ヒノキ厚板張り ダイレクトゲイン土間:タイル張

  • 平家部分にあり屋根なりに上昇する天井。 和室とも繋がり広々した空間。

  • 南面掃き出しサッシには内障子をセット。 「吉村障子」のディテールを踏襲。

  • 南側よりダイニング、キッチン、そして和室を見る。 ダイニングには2階上部より光が落ちるように吹き抜けを設けた。

  • クリナップキッチン。バックセットはスギ材にて製作。 向こう側はパントリー。冷蔵庫の向こう側から玄関につながる。

  • SOHOを階段踊り場から。

  • リビングと寝室の間にあるちょっとしたパソコンスペース。階段の踊り場から2階まで空間はつながっている。

  • メーカーの洗面台を使い、キャビネット・メディシンボックスは製作。 天井近くのFIX窓からの自然採光で日中は照明いらず。

  • 階段上がったところのフリースペース。

  • フリースペースに続く東側のスペース。 置き畳を敷いてマルチユースに。 将来は建具を付ければ子ども室に。

  • ガラリ雨戸を閉めた窓の状態。

●お施主さんより●

「ikeco VOL32」の取材記事にお施主さんのお声を掲載しております。ぜひご覧ください。

ページトップへ