仕事紹介

糸島市M邸

2011.10

福岡市H邸

福岡市H邸
設計期間 2012.08~2013.02
施工期間 2013.02~2013.07
構造規模 在来木造・2階建て
敷地面積 314.19平米
建築面積 59.00平米
延床面積 93.77平米
Q値(熱損失係数) 1.84w/m2K
μ値(夏期日射取得係数) 0.025
C値(隙間相当面積) 0.36m2/m2
自立循環型住宅評価
エネルギー削減率 50.38%
CO2削減率 45.83%
ランニングコスト 9.7万円/年減
CASBEE 評価
すまいの環境効率 S★★★★★   BEE3.2
ライフサイクルCO2排出削減率 25%
建もの燃費ナビ
総一次エネルギー消費 72.89 kWh/平米・年
22.55 GJ/棟・年
年間暖房負荷 52.21 kWh/平米・年
16.15 GJ/棟・年

*Q値、μ値、C値、自立循環型住宅評価、CASBEE 評価についてはこちらをご覧ください

お母さんと二人のお嬢さんのためのかわいらしいお宅が出来ました。お日様の熱を大切に活用できるように、また夏の涼も考えた、パッシブデザインの家です。建物の性能と年間の消費エネルギーの基準をク リアして低炭素住宅の認定も受けました。

屋根:カラーガルバリウム鋼板 タテハゼ葺き
外壁:カラーガルバスパンドレルZIG 一部 レッドシダー板張り
建具:木製サッシ 一部 樹脂サッシ
(遮熱Low-Eトリプルガラスアルゴンガス入り、南側のみ:普通トリプルガラスクリプトンガス入り)

●お施主さんより●

「タムラの家」で2回目の冬をむかえ、この小さな家で毎日気持ちよく暮らしています。引っ越した時に感じた、新築なのにずっと前から住んでいたような懐かしさもそのままです。

家を建てるなら、江藤さんにお願いしようと思っていました。
20年前に子どもの習い事で知り合い、住居を「第3の皮膚」だというバウビオロギーの考え方に関心をもちました。
江藤さんが設計された家の見学に初めて行ったのは「筑紫野の家」でした。家の中に入ったときの感動を今でも覚えています。家の中は穏やかであたたかい空気にあふれていました。私もこんな家に住みたい!と強く思いました。家を建てるにあたって「志摩の家」と「KW邸」も見学させてもらいましたが、江藤さんのパッシブデザインの考え方に基づいた妥協のない家作りにただただ感激するばかりでした。

ずいぶん前から集合住宅での生活にストレスを感じ、帰宅しても疲れがとれず不快な気分になることが多くなりました。住環境のイライラやストレスから逃れるために休みの日はよく出かけていましたが、帰路に着くときはどんより気持ちが重たかったです。好きな雑貨や服を買っても満たされず、いつしか「家に帰りたくないなぁ」と思うようになっていました。

空設計工房のHPを見るたびにどんな暮らしがしたいのか考え、理想と空想の家で生活する自分を思い描く日々が何年か続きました。
やっぱり「好きなものに囲まれて暮らしたい」「一日一日、季節を感じながらていねいに暮らしたい」「ネコと暮らしたい」という思いが強くなりました。いろいろ解決しなければいけない事案がありましたが、一歩踏み出せたのは江藤さんがつくる家の本物の力でした。

今は、休みの日はほとんど家にいます。出かけることはほんとに少なくなりました。
かわいいネコがいて、木と土と紙に囲まれて、きれいな空気と暖かい光、庭には草花と野菜、周りには好きなものがたくさんあります。家事と庭仕事や薪仕事で休日が終わり、ゆる~りのんびり過ごしています。
仕事などで嫌なことがあっても、家に帰ると安心します。「早く家に帰りたい」といつも思っています。この家が私の支えになっているのかもしれません。

家で過ごす時間がとても好きです。
江藤さんのご尽力により福岡市低炭素住宅認定第1号になった小さな家。
一緒にステキな時間を積み重ねていきたいと思います。

空設計工房 江藤さんには設計だけではなく、着工までに解決しなければならなかった事案にも親身に相談にのっていただきました。心が折れそうなときもありましたが、江藤さんがいたから乗り越えられたと思っています。ありがとうございました。
本当に感謝しています。今後も家ともどもよろしくお願いします。